田中謹也の視力回復法

10年間で2000人以上の子どもが0.8以上に!



今は眼科はもちろん、書店などでピンホールメガネや3D絵本(マジカルアイ)など視力が回復をうたった商品がたくさんあります。
ブルーベリーなどのサプリメントを利用している人も多いでしょう。
でも一度下がった視力は、なかなか戻ってくれないのが実状だと思います。
「遺伝だからしかたないかな・・・。」
とあきらめている人がほとんどだと思います。

でも実は、眼科などに通うことなく、自宅でできるちょっとしたトレーニングで視力を0.8以上に改善している人もいるんです!
10年で2000人以上が0.8以上に改善しているというから本当に驚きです!

黒板



現役プロスポーツ選手まで指導する、視力回復トレーニングのインストラクター田中謹也さんは言っています。
「1日にたった13分間のカンタンなトレーニングを2ヶ月継続すれば着実に視力はアップします。」

⇒10年で2000人以上!自宅でできる視力回復法とは!?

自宅でできるとはいえ、すごく専門的で難しい方法なのかなと思いましたが、「小学生でもできるカンタンな方法」なんです。
やり方は動画やマニュアルで丁寧に説明されていますから、田中さんが実際にやっていることをマネすればいいだけです。

子どもでもできる



しかも「この視力回復法を180日間試してみても、まったく改善しなかった」場合は返金保証してもらうことができます。
返金してもらっても、マニュアルなどは返さなくてもいいようで、内容に対しての自信が伝わってきます。

金銭的なリスクがほとんどないのは、試しやすいですね。

さらに驚きなのは、現役の眼科医も子どもさんに使用し、実際に視力回復に成功しているのだとか。

⇒現役の眼科医が子どもに使用した視力回復法とは!?

公式ページには、実際に視力アップした子どもたちの真実の声がたくさん掲載されてます。
同時に、視力回復のためのヒントがたくさんつまっています。
公式ページをじっくりと3回くらい読むだけでも、カンのいい人なら視力回復の手がかりをつかんでしまうでしょう。
また最後の方には、特別なレポートをもらえるコーナーもあるので、お見逃しなく!

公式ページを熟読して特別レポートをもらう。

田中謹也のトレーニングの実際。

実際に行うトレーニングは、ヒモとビーズを使います。
保育園の年長さんでもできるカンタンな方法です。
これを1日合計13分、2ヶ月継続するだけです。

視力検査



正直視力があがるのか半信半疑の人がほとんどです。
でも子どもさんが学校生活などで効果を実感するにつれて、親子でトレーニングに
真剣に取り組むようになり、また新しい効果を実感するという良いサイクルになるようですね。
特に、黒板の文字が以前よりハッキリ見えることで成績も良くなるという、願ってもない結果に
なった子どもたちもいます。
また体育ではドッジボールなどの球技を行います。
いつもは逃げてばかりだった子どもさんも、ボールがハッキリ見えることで
キャッチして当てることもできるように。
小さな出来事かも知れませんが、子どもさんにとっては大きな自信につながります。
視力がアップすることで、性格が明るくなったり、積極的になるケースも多いようです。

視力回復を謳う商品、サービスはたくさんあります。
でも実際に店舗で成功しているトレーニング方法を商品として販売しているところは
それほどありません。
他の商品は、ある意味、作者の机上の空論である可能性もあるのです。
田中謹也氏は愛知県小牧市で開業し、視力回復に特化した店舗を複数経営されています。
そこで成功した独自のトレーニングを家庭でもできるように、メールサポートをつけているのが
アイトレーニングコンプリートキットです。

あまり人には言えない、視力と成績の関係。

現在の小中学生の生活は、スマホ、ゲーム、タブレット、パソコンなど目の疲労と深い結びつきがある
遊び道具と切っても切れない関係にあります。
ハッキリ言って私たち親世代と比較しても、視力低下の問題はかなり深刻です。
ご存じだと思いますが、ただ視力が低下するだけならまだいいのです。
でもそれとともに学校の成績も低下する傾向が強いのです。
子どもたちは、多感な時期なので、せっかく購入したメガネを授業中にかけないんです。
当然、黒板が見えない、見えにくいので授業の内容もあまり頭に入ってきません。
当たり前ですが成績は下がりますよね。
それだけならまだいいのですが、体育や休み時間のドッジボールなどのスポーツでも、以前のようなプレイが
できなくなります。
キャッチできていたボールからも逃げたりします。
ボールが見えにくいんだから仕方ありません。
このように、以前できていたことができなくなってくると、自己肯定感も低下するので、将来なにかチャレンジ
したいことができても、踏み出せなかったり、失敗の言い訳ばかり考える大人になりかねません。
ですから、まだ小中学生のあいだに視力を回復することがとても重要になってきます。
もし裸眼で黒板が見えたら、もちろん成績もアップするし、スポーツだって以前のように楽しめます。
性格だって、また明るくなるでしょう。
このように、子どもさんの未来のためにも、視力はとても大切な要素なのです。
お子さんの明るい将来のために、少しだけチャレンジしてみてください。
きっとお子さんに大きなリターンがあるはずです。

 

サイトマップ

日本有線大賞